福岡市技能職団体連合会

イベント・活動

令和元年度 堤丘小学校「ものづくり体験講座」

体験講座

◎福岡市技能職団体連合会では、技能職者を小学校に派遣し、小学生がものづくりを直接体験する「ものづくり体験講座」を実施しています。
(事業の目的)
○こどもに職業観や人生観を学んでもらうとともに、手作業による熟練の技を通してものづくりの大切さや尊さを理解してもらう。
○子供の将来の職業選択、進路選択に生かしてもらう。
○技能職者の優れた技能を広く紹介し、技能職者の技術の向上と後継者の育成を図る。

 令和元年度の第3回は、11月11日(月)に城南区の堤丘小学校で開催しました。
開会式では、香川雅博校長先生挨拶、吉永事務局長挨拶、講師紹介に続き、児童代表の歓迎挨拶があり、その後、6年生40名が2グループに分かれ、洋菓子づくりと理容技術体験に挑戦しました。

○洋菓子づくり
 手洗いの指導を受けてから、ロールケーキづくりに挑戦です。講師が準備してきた生地に、生クリームを塗る作業が簡単そうに見えても均等に塗れずなかなか難しい。講師の指導で何とか塗り終え、巻き終わって形を整えた後、用意されたイチゴやブルーベリーなどのフルーツをそれぞれの好みでデコレーションしました。はじめて自分達で作ったロールケーキはひときわ美味しかったようです。また、体験の合間での講師の体験談やお客への接し方などのお話にもみんな興味津々でした。

○理容技術体験
 最初に、理容の歴史などを学習した後、技術体験に入ります。マネキンを使ったハサミやバリカンによるヘアカット、髭剃り、ロッド巻き、カラーリングなどに一生懸命取り組みました。ハサミの持ち方、剃刀の構え方などひとつひとつに意味があることがわかりました。また、道具を丁寧に扱うこと、お客様の望む仕上がりにするためにはいろいろ質問することが大事であることなど、プロの心構えも知ることができました。体験で使用したマネキンは、持って帰ることができて大喜びでしたが、お家の人はびっくりしたしたことでしょう。

 閉会式では、香川校長と吉永事務局長からの挨拶があり、各職種の講師講評、児童代表のお礼の言葉をもって、令和元年度堤丘小学校「ものづくり体験講座」を終了しました。

                        記

1、日 時   令和元年11月11日(月)午前9時~12時

2、場 所   福岡市立 堤丘小学校(香川雅博校長)
        (住所:福岡市城南区堤1-16-1)

3、対 象   40名(6年生)

4、体験内容  ・洋菓子(ロールケーキ)づくり
        ・理容技術体験

5、講 師
・(一社)福岡県洋菓子協会:藤川誠一、竹原涼香
・福岡市理容連絡協議会:平山正利、平山哲也、山中知規、徳永純子